ケア後の過ごし方でお肌の状態、眉毛の状態が大きく変わります。

昨今では特に※ピーリングスキンケアなど、お家でも皮膚を剥くケアが当たり前の時代。その中で肌状態が乾燥している状態やワックス後お肌が敏感な状態でさらに皮膚を薄くするケアをしてしまうとお肌の免疫は弱い状態となり、また乾燥や皮膚トラブルの原因に。
正しいワックスケアを行えばお肌はもっと美しく健康に導かれます。

以下、注意をしっかり確認してみましょう♪

1.油分の強いスキンケアは控える

お肌の保湿には、1に水分2に栄養剤3に油分で保護膜という順があります。よく保湿をしましょうという状態で足りないのが“水分”。とくにワックス後は古い角質まで取れている状態です。油分過剰になりますと肌免疫によってはぷつぷつと毛穴に油分が詰まって炎上が起きてしまう可能性もあります。
たっぷりの水分で保湿、少しの油分で保護をするという程度にしましょう。

2.ピーリングスキンケアを使わない

ピーリングスキンケアとは・・自宅でできる・酸を用いたもの(AHA、BHA、サリチル酸、グリコール、ハイドロキノン、トレチノイン(レチノール)等)成分の種類表記は様々で通常使用されているスキンケアにも多少なり成分が入っているものなどもございます。通常の皮膚状態だと問題のない場合でも、乾燥している環境下に置かれた時などに皮膚トラブルを感じることもあります。使っている製品の成分を今一度調べてみましょう。

3.髪の毛や日焼け、外的刺激から守る!

髪の毛などがお肌にあたる状態だと、ニキビなどができやすくなったり肌荒れを起こす要因となります。お家に帰られた際などや、ケア直後は前髪をあげるなど心がけてみましょう。さらに、紫外線を浴びるとお肌が炎症を起こす原因に。古い角質が取れているので日焼けをしやすい状態にもなります。日焼け止めなど、紫外線対策を必ずして外出をしましょう。